長時間使用したポスターフレーム

昔好きだった俳優さんの切り抜きを、ポスターフレームに入れて、壁に掛けていたことがあります。自分では作業ができなかったので、兄弟に頼んで掛けてもらいました。

慣れない作業をする時は、慣れている人に頼むのが一番です。何十分もかかる作業が、わずか数分で済ますことができました。そして、そのまま7、8年ほど壁に掛けたままにしていました。

掛けている時は、癒されたいと思えば、それを見ればストレス解消などになります。目線よりは少し上に掛けておけば、邪魔になりませんし、誤ってぶつかることもありません。

ですが、長年放置していると、外す時にショックなことが起こりました。ポスターフレームから見えている部分は、購入したころと変わらない紙質ですが、ポスターフレームで塞がれていた部分は、色が変色してしまい、元の紙質に戻すことができません。

非常に残念ではありますが、当時はまだフォトレタッチソフトなどの画像編集のツールは出ておらず、修復するのは不可能でした。コストパフォーマンスの優れたコンピューターも作られていない時代でしたから、渋々と押し入れの奥にしまいました。

それからは、ポスターフレームは長期間使用せずに、時々新しいのを買うようにしています。

よく購入しているポスターフレームのオンラインショップはこちらです。
Yahoo!ショッピング店もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA